FXは少額からでも始められる

 

投資と聞くと、ある程度まとまったお金が必要なイメージがあると思います。

 

例えば、株式投資の場合は、倒産などのリスクが低く取引量が確保されている比較的安全な株を購入するのに50万~60万は必要になってきます。

 

おそらく投資の初心者の方は、いきなりこれほどの金額を投資するのには抵抗があると思います。

 

それがFXなら、4万円位から始めることが可能になります。(FX業者によっては、4000円から始められるところもあります。)

 

応援よろしくお願いします (^^)

なぜ、少額からでも始められるのか?

 

FXが少額から始められるのはレバレッジというものがFXにはあるからです。

 

レバレッジは、「てこ」という意味で、少額の証拠金で大きな金額の取引をすることができます。

 

現在、日本のFX業者の利用した場合の最大レバレッジは25倍ですので

 

 

仮に、1ドル100円の時に、1万通貨の取引をする場合、FXではレバレッジ25倍なので100万円÷25=4万円の資金があれば取引することが可能になります。

 

 

株式投資などの金融商品は取引額と同等の資金を用意する必要があるのに対して、FXでは、レバレッジのおかげで理論上は取引額の4%の金額をFX業者に預ければ取引することが可能になります。

 

 

 

 

レバレッジは怖くない

 

日本は、かつてレバレッジは無制限でしたが、2010年に最大50倍、2011年に最大25倍と段階的に規制されました。

 

このことから、「レバレッジは危険だ」というような認識をされるようになり、レバレッジ25倍と聞くと預けている資金の25倍勝ったり、負けたりすると勘違いする人もいますが、実際はそうではありません。

 

仮に、100万円の資金を持っているAさんと4万円の資金しかないBさんが1万通貨の取引をしても損する額は全く同じです。

 

レバレッジが危険な仕組みに変わるのは、自分の許容範囲を超えた大きい通貨量の取引をハイレバレッジを利用して行った場合です。

 

例えば1ドル100円の時に、資金100万円で100万通貨の取引をしようとした場合、必要な資金は1億円になります。

 

この場合のレバレッジは1億円÷100万円なので、100倍になります。

 

 

ドル円は1日に1円位動くことがありますので、運悪くエントリー後に1円逆行すれば一日で資金の100万円を溶かすことになります。(100万通貨で1円動けば100万円の損失になります。)

 

このようにかつての日本はハイレバレッジを利用してギャンブル感覚でFX取引をして大損した人が多数いたため、規制が厳しくなっていったという背景があります。

 

なので、自分の許容範囲内のポジション量で取引をしていればレバレッジは危険なものではなく、むしろ少ない資金で取引をすることが可能になる素晴らしい仕組みということになります。

現在、専業トレーダー育成プロジェクト(無料)の参加者に私の移動平均線手法をお渡ししています。

下記のお問い合わせフォームからお申込みください (^^)

専業トレーダー育成プロジェクトの参加はこちら(無料)

参加後の手順はこちらになります。

①私の移動平均線手法をお渡しします。

この手法を極めれば安定して勝つことは難しくありません。手法の概要はこちら

②リアルタイム環境認識配信用チャットにご招待します。

エントリー前の注目ライン、注目通貨、相場の流れなど丸分かりになります。(シグナル配信ではありません。)

③専用ブログにご招待します。

新たな手法やこのブログには書かれていない重要な情報を学ぶことができます。記事は増えていきます。

④個人チャット内でトレードに関する質問を受け付けています。

環境認識・エントリー手法・エントリーパターンなどの具体的な添削が参加者に好評を頂いております。

以上が企画の流れとなっております。

※3時間以内に返信します。

プロジェクト参加申し込みフォーム