FXにおけるダウ理論

ダウ理論は、チャールズ・ダウ氏が提唱したもので、6つの基本法則から成り立っています。

応援よろしくお願いします (^^)

ダウ理論は非常に重要な考え方になりますので、必ず理解してください。

平均は全ての事象を織り込む

 

経済指標に限らず、自然災害やテロなどの予測困難な事象など、全てのファンダメンタルの材料は市場価格に織り込まれているという意味になります。

 

さすがに全て織り込まれているというのはかなり無理がある気がしますが、自然災害やテロなどの突発的に発生する事象以外のファンダメンタル的要因は市場価格に織り込まれていると私も思います。

 

仮に自然災害が市場価格に織り込まれているなら、自然災害の発生を市場は予測しているということになりますからね。

 

2.トレンドには3種類ある

 

ダウ理論ではトレンドには主要トレンド、二次トレンド、小トレンドの3種類のトレンドがあります。

主要トレンド・・・1年から数年にわたる長期的なサイクル

二次トレンド・・・3週間から3カ月にわたる中期的なサイクル

小トレンド・・・3週間未満の短期的なサイクル

 

3.主要トレンドは3段階からなる

 

ダウ理論では主要トレンドは先行期(1段階目)、追随期(2段階目)、利食期(3段階目)の3つの段階に分かれます。

 

先行期(1段階目)・・・悪い材料は既に価格に全て織り込んでいると判断して、一部の投資家が買い始める時期になります。プロの投資家はこの段階から買い占めています。

追随期(2段階目)・・・市場の価格が上昇していくのを確認後に追随して買っていく段階になります。この段階ではトレンドが発生していますので多くの方が市場に参加し始めます。

 

利食期(3段階目)・・・市場の価格がさらに上昇し、先行期に買い占めた投資家が利益確定を行う段階になります。トレンドは継続していますが、トレンドの勢いは弱まっています。この段階では、メディアで報道され始めますので一般の投資家が市場に参加し始めます。

 

平均は相互に確認されなければいけない

 

一つの指標だけでは、判断に誤りが生じる可能性が高いので、複数の指標でシグナルが確認される必要があります。

 

FXにおいては、一つのインジケータだけでなく複数のインジケータでシグナルが確認される必要があるということになります。

 

トレンドは出来高でも確認されなければいけない

 

FXの見地から考えると、トレンドの継続には、トレンド方向のポジションを大勢持つ人が確認される必要があるという意味になります。

 

言い換えれば、トレンド方向にポジションを持ってる人が少ない場合は、トレンドは継続せずにダマシになる可能性が高いということになります。

 

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

 

一度トレンドが発生すると、明確な転換シグナルが発生するまでトレンドは継続するとされています。

 

個人的にはトレンドの崩壊時に必ず転換シグナルが発生するとは思いませんが、トレンドが崩壊するときによく発生するシグナルがあることから、トレンドが崩壊するときには明確な転換シグナルが発生する可能性が高いと考えています。

 

そして転換シグナルには、主にインジケータのサイン、チャートパターン、ダウ理論の崩壊などがあります。

現在、専業トレーダー育成プロジェクト(無料)の参加者に私の移動平均線手法をお渡ししています。

下記のお問い合わせフォームからお申込みください (^^)

専業トレーダー育成プロジェクトの参加はこちら(無料)

参加後の手順はこちらになります。

①私の移動平均線手法をお渡しします。

この手法を極めれば安定して勝つことは難しくありません。手法の概要はこちら

②リアルタイム環境認識配信用チャットにご招待します。

エントリー前の注目ライン、注目通貨、相場の流れなど丸分かりになります。(シグナル配信ではありません。)

③専用ブログにご招待します。

新たな手法やこのブログには書かれていない重要な情報を学ぶことができます。記事は増えていきます。

④個人チャット内でトレードに関する質問を受け付けています。

環境認識・エントリー手法・エントリーパターンなどの具体的な添削が参加者に好評を頂いております。

以上が企画の流れとなっております。

※3時間以内に返信します。

プロジェクト参加申し込みフォーム