東京市場の値動きの特徴

 

市場を大きく分類すると、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場の3つに分類されます。

応援よろしくお願いします (^^)

東京市場とは日本時間の午前8時~午後5時までのことです。

 

東京市場は値動きが小さく、レンジ相場になりやすい傾向があります。

 

特にドルストレート通貨はクロス円に比べて落ち着いた値動きになりやすくなります。

 

東京市場でボラティリティが小さければ、無理に順張りトレードはせず逆張りトレードをした方が利益は出やすいです。

 

その場合は、ドル円、ユーロ円、ユーロドルなどスプレッドの低い通貨ペアで取引することをオススメします。(逆張りは大きな値幅が狙いにくい)

 

仲値はトレードチャンス!

 

仲値とは、銀行などの金融機関と一般顧客が為替取引をする際の基準レートのことです。

 

為替レートは常に変動しているため、取引毎に銀行とやり取りするのは大変なので、その日の取引レートが午前9時55分に決定されます。

 

この制度により、仲値は独特な動きになりやすくなります。

 

なぜなら、銀行が大量にドル買いをしてレートが上昇した場合、銀行は仲値の取引レートよりも低い取引レートで買ったことになり、一般顧客に仲値の取引レートで売れれば銀行は利益を得ることが出来るからです。

 

このような背景があるため、仲値前はドル高になりやすく、仲値後はドル安になりやすい傾向があります。

 

 

東京時間は独特な動きをしやすい

 

東京時間はロンドン時間やニューヨーク時間に比べて独特な動きをしやすいという特徴があります。

 

その原因の一つに、「ミセスワタナベ」が影響していると言われています。

 

ミセスワタナベ
2007年頃から、東京時間にて、昼をはさんで午後になると、相場を反転させる大きな要因が乏しいにも関わらず、反対方向(主にドル買い)へ振れる現象がしばしば見られた。
こうした状況が頻繁に起こったため、原因を探ると、主に日本の主婦やサラリーマンなどの個人のFX投資家が、昼休みを利用して一斉に円売り・ドル買いの注文を出していたことが判明。FX相場を左右させるほどの日本の個人投資家の資金力を世界に見せつけた。 引用元:wikipedia

 

ここ最近の投資ブームにより、FXを始める方は急増しています。

 

現に、ロンドン市場やニューヨーク市場の一般顧客の取引は1割位ですが、東京市場は3割位あると言われています。

 

今後も独特な動きは続くと思われますので、東京市場の癖を掴めはトレードチャンスになります。

 

ただトレードする場合は、15時頃にはロンドン勢が参入してきますので、これまでと違う動きになりやすい事を理解しておくことが必要です。

現在、専業トレーダー育成プロジェクト(無料)の参加者に私の移動平均線手法をお渡ししています。

下記のお問い合わせフォームからお申込みください (^^)

専業トレーダー育成プロジェクトの参加はこちら(無料)

参加後の手順はこちらになります。

①私の移動平均線手法をお渡しします。

この手法を極めれば安定して勝つことは難しくありません。手法の概要はこちら

②リアルタイム環境認識配信用チャットにご招待します。

エントリー前の注目ライン、注目通貨、相場の流れなど丸分かりになります。(シグナル配信ではありません。)

③専用ブログにご招待します。

新たな手法やこのブログには書かれていない重要な情報を学ぶことができます。記事は増えていきます。

④個人チャット内でトレードに関する質問を受け付けています。

環境認識・エントリー手法・エントリーパターンなどの具体的な添削が参加者に好評を頂いております。

以上が企画の流れとなっております。

※3時間以内に返信します。

プロジェクト参加申し込みフォーム